千葉県にて病院・工場のタイル舗装工事は弊社にお問合せ下さい

2020/09/14 スタッフブログ

FRP防食工事とは、防食目的や薬品の濃度によって工法を選べます。エポキシやウレタンなどで対応出来ない、高度な重防食、耐薬品性樹脂です。

排水・廃液処理ピットや薬品防液堤など使う薬品によって、ガラスマットの貼り付け枚数や樹脂を変えることにより、様々な防食工事が可能です。

最適場所は廃液処理施設、純水槽、防食性を必要とした床、防液堤などがあります。

様々な用途・仕様に合わせてご提案致します。