本文へ移動

2013年 11月号

橋梁補修工事

橋梁補修工事で床版下面の断面修復工・クラック注入工、床版上面においては炭素繊維を用いた補強工事を行いました。
 
この工事を行ったことによって橋梁の長寿命化に貢献出来たと思っております。
 
※右の写真は炭素繊維補強施工完了後です。
 この後、防水工・舗装工で完成となります。
 

施工状況

ライナックスによる研磨後
プライマー塗布
タックコート塗布後
耐熱樹脂モルタルによる不陸調整
耐熱樹脂モルタル完了後
炭素繊維シート(高強度タイプ)
貼付工
炭素繊維シート(高強度タイプ)
貼付工
圧着・脱泡・レジン含浸状況

工事概要

■工事名平成25年度 橋梁補修工事○○線○○橋その1(道保全単)
■施工場所栃木県
■工事期間平成25年10月1日~平成25年10月27日
■施工面積ひび割れ処理工 272.6m 断面修復工    0.23m3 Uカット  42.2m 炭素繊維補強工  131㎡
■施工内容【ひび割れ処理工】 サンダー処理→座金設置→クラックシール→注入器取付→ 充填後座金・シール撤去→完成 【断面修復工】 浮き部ハツリ撤去→鉄筋さび取り→鉄筋防錆工→接着剤塗布→ ポリマーセメント塗り付け 【Uカット】 クラック部Uカット→可とう性エポキシ充填 【炭素繊維補強工】 ライナックス研磨→耐熱エポキシ樹脂モルタル不陸修正→ 炭素繊維貼付け→耐熱樹脂塗布→4号硅砂散布
株式会社西村樹脂工事
〒329-1102
栃木県宇都宮市白沢町578-1
TEL.028-673-5838
FAX.028-673-5946
・景観舗装・特殊舗装工事・建築床工事
・防水工事・下地処理工事・耐震補強
・改修工事

0
4
3
5
5
5
TOPへ戻る